口コミや評判がいい仙台の全身脱毛サロンはココ!

脱毛は痛いの?脱毛が痛い箇所と痛くない箇所

    

美容クリニックでは、レーザーを照射した時に痛く感じる時があります。サロンだと光を照射するので同様に痛く感じそうですが、レーザーほどではありません。ただ部位などによって多少チクっとする度合いが高くなるときがあります。

脱毛処理を自分でするとき、カミソリやシェーバーだとあまり感覚を感じないでしょう。ただ、デリケートな部分の処理をするときには多少気をつけなければいけません。すぐに傷がついてしまう可能性があります。このデリケートな部分はサロンを利用するにあたっても、痛さが出やすい可能性が高いのです。

 

 

太い毛がある部分は痛みが出やすくなる可能性

そもそも光を利用して行う機械を使うので、脱毛サロンは美容クリニックのレーザーに比べると痛みは少ないとされています。ただ初めて利用する人にはチクッとする感覚が強くなる人もいます。

では、どんなところで痛さが出やすいかというと、太い毛があって皮膚が薄めの所です。わきの毛は産毛などではなく、かなり太い毛になっています。そのために痛く感じる人がいるようです。

その他VIOも比較的太い毛が生えていて、デリケートな部分なのであまり皮膚が厚くないところもあります。常に感じるわけではないでしょうが、光の当たり具合によって感じる時があるので、事前に知っておくと良いでしょう。レーザーだとかなり後まで引くときもありますが、そこまで強い痛みを感じることはないと言われています。

 

ほくろがあるところに照射された時

肌にはほくろと呼ばれる黒い点があります。生まれつきある人もいれば、生活をしているうちにどんどんできてくる人もいます。皮膚はターンオーバーをしてどんどん新しい細胞に生まれ変わりますが、その時に突然変異を起こして黒い状態になります。メラニン色素が影響しているようですが、一応美容クリニックではほくろを取ってくれる治療が受けられるようです。

脱毛サロンで機械を照射してもらうとき、このほくろも痛みを感じやすくなる場合があります。全身にあるため、脚や手、その他背中などに照射をしてもらうときにも感じるかもしれません。と言いますのも、光を当てる時に黒い部分に力が集中するようになっています。毛根に光からのエネルギーをあてることで毛が生えてこないようにする仕組みなので、結構な力が黒い部分に集まります。

ほくろは毛とは関係ありませんが、色が黒いのでどうしても力が集まりやすくなります。痛いと言っても、チクっとするぐらいなので、腫れたりすることはありません。我慢できる程度の痛みと言えるでしょう。その他日焼けなどをしていても同じ理由から出やすくなります。肌が黒ずんでいるところも注意が必要です。

 

関節の周辺などで感じやすい可能性

体には関節があり、その部分が曲がるようになっています。関節がない部分は曲がらないので、皮膚も伸ばされたり縮んだりはありません。しかし関節の部分は伸びたり縮んだりをくりかえしています。日常生活の何でもない動きですが、それが皮膚の下の状況を変えることがあります。

関節の周辺もまた、サロンで照射してもらう時に痛みが出やすい部分です。脚の照射をしてもらうとき、脛の辺りは特に何も感じないでしょう。その後どんどん上に照射していくと膝のあたりの照射になります。するとそれまでとは違う感覚が出てきます。膝関節の部分は皮膚が薄くなっているので、光の刺激を受けやすくなります。その影響で痛く感じるようです。

関節とは少し異なりますが、背中の肩甲骨辺りで違和感を感じやすくなるときがあります。痩せている人などは肩甲骨がはっきりしている人がいますが、骨が常に出っ張っているのでその分皮膚が薄めになっています。下の方はそれほどでもないのに、肩甲骨周りで痛さを感じるかもしれません。

 

まとめ

このように脱毛で痛みが出やすい箇所は、わきやVIOなど皮膚が薄くて太い毛が生えている部分、光の力が集まりやすいほくろや肌の黒い部分、そして肌が薄い関節周りとされています。ただし、強烈な痛みというわけでもなくて、チクッと感じるだけであったり、人によって痛みを感じなかったりする場合もあるかと思います。痛い思いをするのが怖い…という方は直接サロンの人に相談してみることをおすすめします。