口コミや評判がいい仙台の全身脱毛サロンはココ!

脱毛中に予防接種を受けてはいけない理由とは?

    

秋のシーズンともなればインフルエンザの予防接種を打つという方も多いと考えられます。

1年サイクルでインフルエンザは流行するので、かかったときに重病にならないうえでも、予防接種を打ったほうが安心でしょう。

しかしながら、脱毛に通っているケースでは予防接種は禁じられています。

禁止される理由について理解することは重要になります。

 

処理中に受けてはいけない理由に関して

まず第一に結論からいいますと、脱毛のケア前後に予防接種を行なってもらうのは厳禁の店が一般的です。

この理由は、受けた後に微熱が生じたり、素肌に対して腫れや赤み、そして発疹などの副作用がもたらされる可能性が高いためです。

この状態で脱毛処理を実施すると肌が悪化してしまうケースがあります。

さらに、反対に受ける前に脱毛処理を実行した場合も、照射の刺激によって素肌がデリケートになっていることから、この状態で受けてしまうと、肌の問題など副作用が発生するかもしれないので避けた方が賢明です。

予約を押さえる場合、接種前後は回避するようにした方が賢明といえるでしょう。

つまり脱毛中に予防接種を受けてはいけないということになります。

 

予防接種の前後の空けるべき間隔

一方で予防接種前後はどの程度の間隔を空ければ、処理を実施しても大丈夫なのかについてですが、これに関しては店によりまして少々規定は異なります。

具体的には1週間ほどで良いというところもある一方で、2週間位は空けましょうという店も少なくありません。

これは無料のカウンセリング時に従業員に対して確かめておくと賢明です。

そして現実的には10日位の期間を空けると問題ないでしょう。

また、先に受けたケースでは10日くらい期間がありますと針を差した部位の腫れも引いて、赤みなども治まるので処理を受けても肌の問題は生じにくくなります。

それに加えて処理後に受けるケースであっても、10日くらい経過すれば処理による素肌の刺激も治まってきますから、受けても肌の問題には結びつきにくくなります。

詳細については専門家と相談しながら対応していくことになります。

 

予防接種と脱毛処理のスケジュールの調整も大事

予防接種の後に関しては、数日空けると処理を受けても問題ないと気楽な気持ちで想定している人もいるかもしれません。

しかし、しっかりと注意を行なっておかないととても大きなトラブルが降りかかってしまうので自身にて念頭に置いて気に留めなければなりません。

したがって、脱毛の予約を入れる日と予防接種の日時が近くなりそうなケースでは、いずれかスケジュールを動かしやすいほうを入れ替えコントロールしましょう。

それに加えてサロンやクリニックのケースでは、予約変更のキャンセルを行なうとペナルティー料金が回収されてしまうケースもあります。

ですから、それについても十分注意して、ゆとりを持って調整することが重要になります。

 

予防防接種前、あるいは接種後では1週間から2週間くらい期間をあけないと処理はできません。

インフルエンザの予防接種についてはインフルエンザウイルスの毒性を抜いた物を人体へと入れ込んで抗体を作成することが目的になります。

その結果接種してから数日については、人体がインフルエンザとバトルしている環境下で非常に軽いインフルエンザにかかっていることに他なりません。

そうなってしまうと、免疫力が下がったり熱が生じたりと人体はインフルエンザに争うように機能します。

そのタイミングで処理をしてしまい、毛穴もしくは肌へ刺激を与えると、そこにも免疫もしくは肌の再生力が働く必要が生じてしまいます。

免疫力が落ちている際に、刺激が強いところの免疫並びに修復が間に合わなくなってしまいます。

そうなってしまうと、処理した部分が熱を持ったり、赤みが生じたりなどコンディションが変化します。

ですから、予防接種を行ったときは安静にしておくことが求められるため脱毛処理はできないということになります。