口コミや評判がいい仙台の全身脱毛サロンはココ!

ムダ毛の自己処理でやってはいけないNG行為

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/05
    

ムダ毛は脱毛サロンやクリニックで処理する人も増えてきましたが、料金が発生することや何度も通う必要があることもあるため、すぐに通うのは難しいという人もいます。その場合は自己処理という方法もあり、費用も安く抑えることができます。しかし、間違った自己処理はトラブルにつながりますので、正しい方法を知っておくことも大事です。

シェービングでの注意点を知ろう

ムダ毛処理は自己処理で対応している人も多くなっていますが、その方法もさまざまです。とくに安く手軽にできる方法としては、シェービングがあげられます。

カミソリはドラッグストアでも安く販売されていますし、無理に毛を抜く処理ではないので、痛みがなく広い部分も短時間できれいにできるのがメリットです。とはいえ、自己処理の場合おすすめできない方法や時期があるので、きちんと理解しておきましょう。

まず、女性の場合は生理がありますが、生理中はホルモンバランスも変化し、肌トラブルも起きやすくなっているため、この期間は避けたほうが無難です。そして、切れ味の悪いカミソリを使うことも避けましょう。

シェービングはお風呂タイムにするという人も多くなっていますが、シェービング後にお湯につかると、細かな傷から雑菌が入り肌荒れや炎症などのトラブルが発生しやすくなるのでこちらも注意が必要です。

ワックスを使う場合の注意

カミソリは急いでムダ毛処理が必要というときには便利な存在ですが、毛根が残っているので仕上がりがいまひとつきれいではないことや、毛が伸びてきたときにチクチクするというデメリットもあります。毛根からしっかりと処理したい人や、毛の再生を少しでも遅らせたいという場合は毛根から処理できる方法にも注目してみましょう。

毛抜きで一本ずつ処理するとなると時間もかかりますが、ワックスなら広範囲も短時間できれいにできます。ワックスも比較的安価で入手できますが、できるだけ効果が高く、それでいて肌に優しいものを選んでおきましょう。

ワックスを使うときに気をつけなくてはいけないのは、毛の流れにさからって一気に剥がすということです。毛の流れに沿って剥がしてしまうときれいに毛を抜くことはできません。そして、痛みが気になるからとゆっくり剥がそうとすると、かえって痛みが強く出てしまうこともありますし、毛が残ってしまうこともあります。

そして、ワックスの場合はある程度の毛の長さも必要になりますので、シェービングを済ませたあとなどでは充分な効果が得られません。カミソリや電気シェーバーで処理をした場合は、毛がある程度伸びるまでワックスの使用を控えましょう。

肌の炎症が起きているときは処理を避ける

自己処理の場合も、やはりトラブルを避けるためには肌の状態がよいときを選ぶことが大事です。肌に炎症が発生しているときや、肌荒れがある場合は、ムダ毛処理でさらに悪化させてしまう可能性があります。肌にトラブルがある場合は、それが治るまでムダ毛処理は我慢しておきたいところです。

そして、日焼け肌での処理もやはり肌に負担がかかりますので日焼けをしないことも大事です。乾燥は肌荒れのもとになりますので、きれいに仕上げるためには日頃から保湿をきちんとしておくことも大切です。

それから、海やプールなどに行く前に自己処理をする人が多くなっていますが、あまりに直前に処理をすると肌のバリア機能も低下しているため、肌トラブルが発生しやすいといえます。できれば前日は避け、数日前程度に処理は済ませておきましょう。

 

ムダ毛処理は自分でしているという人も多くなっていますが、間違った方法を選んでしまうと、肌トラブルが発生しやすくなるので注意が必要です。カミソリやワックスを使う場合も正しい方法を守りましょう。生理期間中などはホルモンバランスも乱れており、肌トラブルが起きやすいのでこちらも注意が必要です。

そして肌の状態が悪いときや、日焼けしたときの処理も避けたいところです。海やプールに行く前日の処理もトラブルを起こしやすいので、数日前までには済ませておきましょう。