口コミや評判がいい仙台の全身脱毛サロンはココ!

脱毛サロンの施術で毛が抜ける仕組みとは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27
    

仙台などの脱毛サロンで施術を受けることができる光脱毛やレーザー脱毛は、いったいどんな仕組みで無駄毛の処理がおこなえるのでしょうか。

ただ光などを当てたりするだけなのに、どうして無駄毛の処理が簡単におこなえるのか、理解をしておくことによって処理をスムーズにおこなえるでしょう。

サロンでおこなわれている施術はどんな物か

サロンでおこなわれている脱毛の大半が光脱毛と呼ばれているもので、ある特定の周波数の光を肌に照射する方法です。照射された皮膚の下にある成長期の毛根のメラニン色素に作用して、毛が生えてこないようにするやり方だといいます。毛が生えてこないようにする周波数の電磁波が光となっており、肌に負担をかけずに最小限の刺激で施術ができることでも有名です。

強力な電磁波の場合をレーザーと呼ぶ場合もありますが、出力する機械が違うため、同じ機械でレーザーと光が照射できるわけではありません。メラニン色素に刺激を与えて成長期の無駄毛が自然な形で抜け、もう生えてこないようにすることができる方法として知られています。

ただ光が当たっているわけではなく、毛根の細胞のひとつである毛乳頭と呼ばれる毛母細胞を破壊する作用が期待できるのが光による脱毛です。毛母細胞を破壊することによって細胞への栄養の供給ができなくなるため、毛が成長を止め、毛母細胞から無駄毛が生えてこないようにする効果などもあります。

毛根を刺激することによってすぐ毛が抜けるか

毛根を刺激することによってすぐ毛が抜けるかといわれると、必ずしもすべての毛が抜けるわけではないことを理解しましょう。毛が生える周期として成長期・退行期・休止期が存在していますが、成長期でなければ光やレーザーによる脱毛方法は効果をもたらしません。

また、毛穴ひとつずつ生えてくる周期が異なる場合もあるため、必ずしも施術をおこなったときにすべての毛が成長期であるわけでもないといいます。そのため、照射をおこなってすぐに全部が抜ける場所もあれば、しばらく毛が生え続けているところもあることが多いです。

もちろん抜けるところは成長期の毛根に刺激を与えることができた可能性が高く、抜けないところは退行期・休止期である可能性が高いといいます。1回ですべての部位に照射することは難しいといわれているため、照射する回数は複数回必要だという理由がわかるでしょう。

毛根が成長期であるときになるべく照射できるように、毛周期を理解してタイミングにあった時期に照射をおこなうことが最も大切です。特にサロンの光脱毛では、それほど強い力で毛根に作用するわけではないため、照射する回数は多くしたほうがいいといわれています。

何回くらい照射をしたら結果を実感するか

一般的に10回くらい照射をおこなうことによって、肌に負担をかけずに自己処理をしなくて住んだと体験を寄せている人が少なくありません。しかし、体質によってはもっと早く効果を実感する人や、もっと遅く効果を実感する人もいるため、あくまでも目安として考えてください。

ただし、細い毛や薄い毛には効果を実感しにくい場合も多く、無駄毛が濃くない人の場合には多少時間がかかる可能性もあるか、別の脱毛方法を試す可能性もあります。更に照射している無駄毛に対してどれくらいの結果が出せるのか、毎回確かめるようなことはやめ、ゆったりと穏やかな気持ちで実行したほうがいいでしょう。

神経質になったりストレスを引き起こすことによって肌荒れなどが生じ、効果を実感するチャンスが遠ざかる可能性があります。なるべくゆったりと余裕を持って行動すること、ストレスを解消できるように生活していることによって、照射した効果が出やすくなるでしょう。

 

サロンでおこなわれる光やレーザーを照射する施術の仕組みとしては、黒色メラニンに反応する光やレーザーを肌に照射するやり方です。皮膚や人体に悪影響を及ぼすことがなく、黒色メラニンの中にある毛母細胞を破壊することを目的としているため、副作用が少なく無駄毛の処理ができます。

処理をおこなうときに光脱毛の場合は作用が穏やかとなっているため、結果が出てくるまでに時間がかかることは少なくありません。10回程度照射することによって、平均的に効果を実感しやすい人が増えてくるといわれているため、参考にしてください。