口コミや評判がいい仙台の全身脱毛サロンはココ!

脱毛後に風呂に入ってはいけない理由って?

    

脱毛の施術を受けた後は、基本的には入浴は禁物です。お風呂に入って体温を上げてしまいますと、肌の赤みの状態が悪化する可能性があります。また肌の感染症のリスクも高まりますから、入浴しない方が良いでしょう。ただし翌日以降なら、問題無い事も多いです。

 

 

 

 

 

肌の赤みが悪化する可能性がある

入浴しますと、自然と体の温度は高まってきます。熱めのお湯に入る訳ですから、それも当然です。

サロンなどで施術を受けた後は、軽い火傷のような状態になっています。実際サロンによるフラッシュの光などが肌に当たりますと、若干の熱を感じる事もあります。フラッシュの光は、肌に対して刺激を与えている事は、間違いありません。このため光を浴びた後の肌は、赤い状態になっている事が多いです。ある意味、日焼けに似ています。強い日差しが肌に当たり続けた後には、自然と赤い色になります。強い日差しは、肌に刺激を与えているということになりますので、軽度な火傷に近い状態になります。夏の日差しを浴びた後に、シャワーの水が肌に当たりますと、若干の痛みが生じる事もあります。肌が軽く焼けている訳ですから、たとえシャワーの水でも、若干の刺激がある訳です。

よって、刺激を加えられた肌はあまり温度が高まるのは望ましくありません。温度が高まれば、自然と血行も良くなってきます。それで皮膚表面の血流も促進される訳ですが、肌がさらに赤くなってしまう事も多いです。すなわち入浴する事により、火傷の状態が若干悪化するイメージになります。肌トラブルが生じる確率が高まってしまいますから、施術を受けた当日に入浴するのは、あまり望ましくありません。

 

施術後は肌がデリケートなので入浴は避ける

入浴を避けるべき理由は、衛生面の問題もあります。不特定多数の方々が入浴していると、万が一の感染症もあり得るからです。例えば入浴施設は、たいてい多くの方々が利用しています。1人や2人などでなく、大人数の方々がそこで入浴している訳です。利用人数が多い施設ですと、衛生状態はあまり良くない事があります。雑菌類も、比較的多い施設も珍しくありません。

サロンにて施術を受けた後の肌は、とてもデリケートな状態になっています。その状態で、あまり衛生的でない場所に行ってしまいますと、肌トラブルが生じる確率が高まってしまう訳です。というのもサロンで施術を受けた後は、肌のバリア機能が若干弱くなっています。肌表面を保護する力が弱い以上は、万が一の事態が生じる確率も高い訳です。無防備な状態で不衛生な場所に行けば、肌トラブルが生じる確率も高まってしまいます。そのため不特定多数の方々が利用する施設に行くのは、あまり望ましくありません。

また肌を保護する力が弱まっていると、毛穴に関する問題点が生じる確率も、やや高まってしまう傾向があります。ですから施術を受けた後は、入浴施設に行くのは望ましくありません。まして湯船に浸かるのは、禁物です。

 

翌日に入浴する分には問題は無い

ただし施術を受けた「後」というのは、当日中の話です。施術を受けた翌日ならば、問題無い事もあります。確かに当日中は肌がデリケートですから、入浴するのは望ましくありません。しかし1日経過すれば、肌の状態もだんだん落ち着いてくるので、翌日に入浴するのは問題無い事も多いです。

とは言え、施術を受けた翌日も、肌に若干の赤みが残っている事もあります。その状態ですと、まだ肌は完全に落ち着いている訳ではありません。翌日は、無難を期してぬるいお湯に浸かる方が無難です。熱いお湯に入ってしまいますと、肌トラブルが生じる確率が高いからです。なお湯船ではなく、シャワーを浴びる分には特に問題ありません。当日は、あくまでも湯船に入るのは避けるべきです。

 

脱毛の施術を受けた後は、肌が少々デリケートなので、万が一のトラブルも起こり得る訳です。万が一の感染症になってしまうのも困りますから、当日中の入浴は避ける方が無難です。入浴するにしても、翌日以降にする方が良いでしょう。